タイトルイメージ本文へジャンプ
肥満な人のために 

ダイエットの前に知っておきたい栄養知識


5大栄養素と食物繊維

 ダイエット中でも、たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素と食物繊維は欠かせません。各栄養素のはたらきを確認し、バランスのよい食生活を実践しましょう。

  • たんぱく質:
     血液や筋肉、臓器、皮膚、髪、酵素などの主成分となる栄養素。不足すると肌のカサつき、抜け毛、貧血などの症状が起こります。たんぱく質は体内でアミノ酸に分解されます。体内で合成できないため食物から摂る必要があるものを必須アミノ酸といい、多くは動物性たんぱく質に含まれます。ですが、動物性食品には脂質も含まれているため、偏った食品からではなく卵・肉・魚・大豆製品をまんべんなくとる必要があります。1gあたり4kcalです。

  • 脂質:
     持続性のエネルギー源になるほか、細胞膜を構成する成分として重要です。敬遠されがちの栄養素ですが、同時に摂取することでカロチンの吸収を高めたり、便通をよくします。1gあたり9kcalと高カロリーなので、過剰摂取には注意しましょう。

  • 糖質:
     体内に入るとブドウ糖などに分解され、必要なときにすぐエネルギー源となる栄養素。また、脳のエネルギー源は糖質のみです。余った分は肝臓や筋肉に貯えられますが、一定量以上は体脂肪となって蓄積されます。1gあたり4kcalで主食や芋類などの主成分です。

  • ビタミン:
     筋肉や骨になったり、エネルギーになる栄養素ではありませんが、体の組織をつくる過程が正常に機能するのをサポートします。約13種類のビタミンのどれが不足しても健康を損ねるため、旬の野菜や果物を十分摂取し、バランスのとれた食事を心がけましょう。

  • ミネラル:
     体内機能の維持や調節に欠かせない栄養素。欠乏すると、皮膚や臓器の新陳代謝やエネルギーづくりが滞ってしまいます。ダイエット中には、特にカルシウムや鉄分が不足しがち。乳製品や海草類、野菜、貝類、レバーなどをバランスよくとりましょう。

  • 食物繊維:
     便通をよくして便秘を防ぎ、腸内の有用菌群を増やして腸内環境を改善。発ガン性物質など腸内の有害物質の排出を促進します。胃の中の滞在時間が長く、満腹感を得られるので、ダイエットには最適です。野菜類、果実類、海草類、穀類、豆類、芋類に多く含まれます。



P  R
豆漢堂 薩摩吉田産なた豆 カンニャボ 天然チャ−ガ 大豆発酵
   


























焙煎チャ−ガ茶

大自然に育まれた高品質なロシア産の天然チャーガ(カバノアナタケ)100%を使用した健康茶。

刀豆パワー粒
ナタマメの成分のアミノ酸カナバニンに秘められた働きが近年注目されています。

刀豆パワーお徳用
日本の民間療法では、「膿のあるもの」にとてもよく用いられていました。

薩摩なた豆元気茶
、有機栽培のさつま刀豆の全草(種子、さや、つる、葉)に、ハトムギ、黒豆、赤芽柏、桑の葉(全て国産原料)をブレンド。

なた豆歯磨き
植物性の働きにより、口の中を浄化し、ムシ歯や口臭を防ぎます。使用後はさっぱりと爽快です。

刀豆純パウダー
刀豆はウレアーゼ・アミラーゼ・ベクターゼなど、酵素を多く含んでおり、日本の民間療法では、「膿のあるもの」にとてもよく用いられていました。

大豆発酵生産物
たんぱく質の王様(畑の肉)などと言われる大豆を原料に使用し、長期間乳酸発酵させて得られた液を濃縮。

カンニャボ

昔から郡山では、昔から「医者いらずの」として用いられてきた食べ物


カンニャボ

昔から郡山では、昔から「医者いらずの」として用いられてきた食べ物