タイトルイメージ本文へジャンプ
介護保険で受けられるサービス

介護保険で受けられる2つのサービス


介護保険によるサービスには、自宅で受ける「居宅サービス」と、施設に入所して受ける「施設サービス」に分かれています。居宅サービスには13種類の、施設サービスには3種類のサービスがあります。サービスの内容は、次の通りです。

居宅サービス
(1)訪問介護(ホームヘルプサービス)
 ホームヘルパーが家庭を訪問し、家事援助や身体介護をおこないます。
(2)訪問看護
 看護婦や保健婦が家庭を訪問し、身体介護や療養上の世話をします。ホームヘルパーとの違いは、”じょくそう”の手当などの医療行為ができることです。
(3)訪問入浴介護
 家庭のお風呂で入浴できない寝たきりの利用者などに、専用の浴槽を持ち運び、入浴介護をします。
(4)訪問リハビリテーション
 理学療法士などの専門家が家庭を訪問し、自立を助けるためにリハビリテーションをおこないます。
(5)通所介護(デイサービス)
 デイサービスセンターなどで、日中だけ利用者を預かり、レクレーションや入浴・給食サービスを提供します。機能訓練もおこないます。
(6)通所リハビリテーション(デイケア)
 介護老人保健施設などで、日中だけ利用者を預かり、リハビリテーションをおこないます。入浴・給食サービスもありますが、通所介護との違いは、リハビリテーションに重点を置いていることです。
(7)福祉用具の貸与
 ベッドや車イスなど、必要に応じた福祉用具を貸し出します。
(8)短期入所生活介護(ショートステイ)
 介護老人福祉施設で数日間利用者を預かり、日常生活の世話や機能訓練をおこないます。
(9)短期入所療養介護
 このサービスもいわゆるショートステイですが、利用者を預かる施設は介護老人保健施設などで、必要な医療も提供されます。
(10)居宅療養管理指導
 医師、歯科医師、薬剤師などが、療養上の管理や指導をおこないます。
(11)痴呆対応型共同生活介護(グループホーム)
 痴呆老人を対象にした、少人数の共同生活施設です。その施設を住居と見なし、入浴、排泄、食事などの介護をおこないます。
(12)特定施設入所者生活介護
 有料老人ホームなどの入所者に対する介護サービスです。
(13)住宅改修
 段差の解消や手すりの設置など、小規模な住宅改修に補助金を交付します。

施設サービス
(1)介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
 介護や日常生活上の世話をおこなう施設です。
(2)介護老人保健施設(老人保健施設)
 看護、医学的管理の下で介護や機能訓練などをおこない、自宅への復帰をめざす施設です。
(3)介護療養型医療施設
 病状が安定し、療養が必要な人が利用する医療施設です。
 居宅サービスの痴呆対応型共同生活介護と施設サービスは、要介護1以上の人しか利用できませんが、それ以外は要支援の人も利用できます。


P  R
豆漢堂 薩摩吉田産なた豆 カンニャボ 天然チャ−ガ 大豆発酵
   





















大豆発酵生産物
たんぱく質の王様(畑の肉)などと言われる大豆を原料に使用し、長期間乳酸発酵させて得られた液を濃縮。

カンニャボ

昔から郡山では、昔から「医者いらずの」として用いられてきた食べ物


カンニャボ

昔から郡山では、昔から「医者いらずの」として用いられてきた食べ物