タイトルイメージ本文へジャンプ
高齢者施設の種類と内容



介護保険制度が始まり、介護が必要な高齢者全体にサービスが提供されるようになりましたが、今のところ、在宅サービスだけでは家庭での生活が継続できないケースが少なくありません。そんな場合の一つの選択肢として、高齢者施設への入所があります。
 介護が必要な高齢者が入所できる施設には、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設(老人保健施設)、医療施設(老人病院・療養型病床郡)があります。それぞれの特性を理解し、利用者に適した施設を選ぶことが大切です。


(1)介護老人福祉施設
 要介護や日常生活上の世話、機能訓練、健康管理などをおこなう施設で、「生活の場」といえます。通常、医療サービスは提供されませんから、治療が必要になれば一旦退所して、病院へ入院することになります。可能な限り自宅への復帰を念頭におくこと、とされています。


(2)介護老人保健施設
 看護、医学的管理の下で、介護や機能訓練などをおこない、自宅への復帰をめざす施設です。介護老人福祉施設に比べると、医療的なケアやリハビリテーションに重点をおいています。入所期間は特に決まりはありませんが、3か月程度をめどに退所をうながす施設が多いようです。一旦退所しても、再び入所することができます。


(3)医療施設(老人病院、療養型病床群)
 病状の安定した高齢者が利用できる医療施設には、老人病院と療養型病床群があります。
 老人病院は、老人の入院比率が高く、一般病院に比べると医師と看護婦の人数が少ない代わりに、介護職員を配置し、介護や生活支援に重点をおいた病院の総称です。また老人病院の中で、介護職員を多く配置し、よりケアに力を入れている病院を介護力強化病院と言います。療養型病床群は、医師、看護婦、介護職員の人数とケアの面では介護力強化病院と同じですが、居室や廊下幅が広いなど、環境面が改善された病床のことです。いずれも医療よりケアに重点が置かれていますが、環境面を考えると、療養型病床郡が優れていると言えます。
 実際に利用する場合ですが、老人病院及び介護力強化病院は医療保険の適応になります。療養型病床群には、医療保険適応と介護保険適応の病床があり、介護保険適応の病床を介護療養医療施設といいます。たとえば100床の療養型病床群を持っている病院でも、そのうち50床を医療保険適応、残りの50床を介護保険適応と分けているところがほとんどですから、利用する際には確認しましょう。利用料が異なります。
 入所期間は、3〜6か月で退所をうながすところや、生涯入所できるところなど、施設によってさまざまです。
 介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設は、要介護1以上の人しか入所できません。利用料は、介護度によって定められています。



P  R
豆漢堂 薩摩吉田産なた豆 カンニャボ 天然チャ−ガ 大豆発酵
   





















大豆発酵生産物
たんぱく質の王様(畑の肉)などと言われる大豆を原料に使用し、長期間乳酸発酵させて得られた液を濃縮。

カンニャボ

昔から郡山では、昔から「医者いらずの」として用いられてきた食べ物


カンニャボ

昔から郡山では、昔から「医者いらずの」として用いられてきた食べ物