タイトルイメージ本文へジャンプ
脳卒中で大事に至らないために

初期の処置が大切! 発作時の対応について

こんな症状は脳卒中の可能性が!



 脳卒中の発作というと、一般的には、意識を失って倒れると思いがちですが、実際に意識不明で倒れるのは患者さんの2〜3割にすぎません。脳の血管のどの部位で異変が起きたかによって、さまざまな症状が現れます。できるだけ早く専門医に診てもらう必要があるので、どんな症状が起きるのかを知っておくとよいでしょう。
 つぎのような症状は脳卒中の可能性が高いので、早く病院に行きましょう。

  • 意識を失って倒れる
  • 片側の手足が急に動かなくなったり、しびれたり、無感覚になる
  • 急にろれつが回らなくなったり、しゃべれなくなる
  • ふらついてまっすぐ歩けなくなる
  • 片方の目が急に見えなくなる
  • 意識がもうろうとする
  • ひどいめまいがする
  • 激しい頭痛と吐き気に襲われる


脳卒中を起こしたときの対処法

脳卒中が疑われるときは、初期の処置がとても重要です。身の回りの誰かが異変をうったえたときに適切な処置ができるよう、日ごろから心がけておきたいものです。

意識がある場合の対処法
 まず重要なのは、「119」に連絡をとって救急車を呼び、指示を仰ぐこと。異変をうったえた人に意識がある場合は、適切な場所に横に寝かせて下さい。立ち上がらせたり、歩かせたりすることは厳禁です。ネクタイやベルトなど、体を締め付けているものがあれば緩め、救急車がくるまで安静を保ちます。食べ物や飲み物は吐き気の原因になるので絶対にとらせないこと。屋外で発作が起きた時は、日陰や風のあたらない場所に移動させます。



意識がない場合の対処法
 この場合もまず「119」に連絡をして救急車を呼び、指示を仰ぎましょう。救急車がくるまでは適当な場所に移動し、気道をふさがないように寝かせることが大切です。頭の向きはあおむけか横向きにし、枕はしないで、あごを上げるように肩の下に巻いたタオルなどを当てるとよいでしょう。ただし、必要以上に体を動かさないように注意。吐いているときは、体ごと横向きにして、吐いた物を過って飲ませないようにします。横向きに寝かせるときは麻痺している側を上にするのがコツです。体を締め付けている衣服、腕時計、メガネ、入れ歯などもはずしましょう。




家族でできるリハビリ法を教えてください
 母が左脳に梗塞ができ、右半身不随になってしまいました。病院での治療・リハビリとは別に、普段、日常生活の中でできるリハビリなど、家族がサポートできることはありますか?


脳梗塞は障害の状況によりリハビリテーションのプログラムも異なってきますから、日常生活動作の基本ができるところまでを病院でおこない、退院後は、病院から指導されたリハビリテーションプログラムを家庭でおこなうようにするとよいでしょう。
 まずはどこに障害があり、どこに正常な機能があるかをきちんと確認してください。それには、病院でのリハビリテーションを見学したり、介助法の指導を受けておくとよいでしょう。
 また、在宅でのリハビリテーションは、自主的におこなうのが理想です。自分でおこなうことで、体の状態がわかり、どこが悪くてどうすれば具合がよくなるかが分かってきます。そして、どうしても自分でできないリハビリテーションは、家族にお願いするようにします。家族の方もあまり気構えすることなく、気軽な気持ちで付き合ってください。

 さらに、地域の保健福祉施設にある機能訓練教室や、リハビリテーションの訪問システムを利用することもひとつの方法です。患者さん自身や家族の方の気分転換にもなるという点では、家庭のみでおこなうよりもよいかと思います。

 リハビリテーションの目標は、失った機能の場所の回復だけではなく、残っている機能を訓練して、失った機能の補助をすることです。リハビリテーションは、患者さんにとっては非常につらいものです。時間をかけ、つらく苦しいわりには、なかなか目に見える回復は得られてきません。しかし、現状が維持されているのもリハビリテーションの成果です。根気強く、少しづつ、リハビリテーションをおこなうことが大切ですが、もっとも大切なのは患者さんの自主性です。家族の方は、けっして自主性を損なわせないようなふれ合いを心掛け、少しでもできればその事を評価してあげ、リハビリを続ける活力を与えてあげるようにして下さい。



P  R
豆漢堂 薩摩吉田産なた豆 カンニャボ 天然チャ−ガ 大豆発酵
   























焙煎チャ−ガ茶

大自然に育まれた高品質なロシア産の天然チャーガ(カバノアナタケ)100%を使用した健康茶。

刀豆パワー粒
ナタマメの成分のアミノ酸カナバニンに秘められた働きが近年注目されています。

刀豆パワーお徳用
日本の民間療法では、「膿のあるもの」にとてもよく用いられていました。

薩摩なた豆元気茶
、有機栽培のさつま刀豆の全草(種子、さや、つる、葉)に、ハトムギ、黒豆、赤芽柏、桑の葉(全て国産原料)をブレンド。

なた豆歯磨き
植物性の働きにより、口の中を浄化し、ムシ歯や口臭を防ぎます。使用後はさっぱりと爽快です。

刀豆純パウダー
刀豆はウレアーゼ・アミラーゼ・ベクターゼなど、酵素を多く含んでおり、日本の民間療法では、「膿のあるもの」にとてもよく用いられていました。

大豆発酵生産物
たんぱく質の王様(畑の肉)などと言われる大豆を原料に使用し、長期間乳酸発酵させて得られた液を濃縮。

カンニャボ

昔から郡山では、昔から「医者いらずの」として用いられてきた食べ物


カンニャボ

昔から郡山では、昔から「医者いらずの」として用いられてきた食べ物