タイトルイメージ本文へジャンプ
脳卒中で大事に至らないために

脳卒中危険度チェック

脳卒中とは?


脳卒中とは脳血管障害に対して使われる言葉で、中風ともいわれます。卒中の“卒”は“突然に”、“中”は“当たって倒れる”という意味のため、“何かに当たったように突然に倒れる病気”とみなされていたようです。この卒中、中風(“悪い風に当たって倒れる”という意味)という言葉は、我が国では古来、西暦760年頃から使われたようです。
 脳血管障害とは、脳血管の病変により、脳に一過性ないし持続性の虚血または出血を生じたために起こる脳の障害(麻痺など)すべてのことを指します。
 その原因でもっとも多いものには、動脈硬化性病変や脳硬塞、高血圧性脳出血、くも膜下出血などがあります。


脳梗塞
 脳硬塞は、脳の血管が詰まり血流が途絶えるために、脳の細胞に栄養や酸素がいかなくなって起きます。脳卒中の中でも最も多いのが脳梗塞で、脳血栓症と脳塞栓症に分けられます。脳血栓症は動脈硬化のために脳の血管が狭くなり、やがては詰まってしまう病気です。発生部位によって運動障害、知覚障害、言語障害などを起こします。一方、脳塞栓症は、心臓や脳以外の部位にある大血管内の壁にできた血の塊である血栓が、何らかの原因ではがれ、脳の血管に詰まって起こります。

脳出血
 脳出血は文字通り、脳の動脈の一部が破れて脳の中に血腫(血液がたまってコブのよに腫れあがったもの)ができ、その部分にある脳の機能が障害されるものです。頭痛、肩こり、めまいなどの前症状にはじまり、出血により脳は重大な障害を受けます。意識障害、半身麻痺、知覚障害、言語障害をもたらし、出血が大量で急激な場合は、死に至る場合もあります。

くも膜下出血
 くも膜下出血は、脳を覆うくも膜と軟膜の隙間に出血を起こすものです。その多くは脳動脈にできた先天的なコブ(動脈瘤)が破裂して起こりますが、30代の若い人でも発症することがあり、死亡率も高いのが特徴です。






脳卒中になりやすい人はこんな人


脳卒中は加齢や高血圧などにともなう動脈硬化が原因で、高齢者に多い傾向があります。また、最近では食生活が欧米化し、コレステロールや動物性脂肪の過剰摂取が高脂血症や糖尿病を多く招いています。また、それにより40代や50代でも動脈硬化が多くみられるようになりました。このように、動脈硬化と生活習慣病は深く関わっているため、日常の生活習慣にも十分な注意が必要です。

あなたの脳卒中危険度チェック
 脳卒中の危険因子がいくつあるか、チェックしてみましょう。危険因子を複数もっている人ほど、脳卒中の危険が高くなります。

  1. 60歳以上である
  2. 男性である
  3. 家族に脳卒中を起こした人がいる
  4. 高血圧である
  5. 糖尿病である
  6. 高脂血症である
  7. 喫煙する
  8. 多量のお酒を飲む
  9. ストレスが多い
  10. 不整脈がある



脳梗塞の治療や食事で気をつけるポイントについて教えてください
 視界が半分になる自覚症状が出て、受診したところ、脳梗塞と診断されました。これから病状が進むとどうなるのか、また治療法、食事などについて教えてください。



脳硬塞は梗塞の起こった場所によって症状が異なります。今回梗塞が起きた場所は時間とともに広がって症状が進行するようなことはないと思われます。症状が進行する場合は再び梗塞が起こっていると考えたほうがよいかと思います。今後はいかに再発を防ぐかが大切です。梗塞の主な原因は血栓症といい、血小板の塊(血栓)が脳の血管に詰まるために起こります。この血栓の原因として心臓機能の障害などがあり、内服薬により血栓ができないようコントロールすることなどで予防ができます。日常生活では血栓が血管などから剥がれ落ちたりすることを避けるためにも、激しい運動はやめておきましょう。また、激しい感情の起伏、過度の緊張、熱いお風呂など、血圧が激しく上下するようなことも避けたほうがよいでしょう。タバコも血管を縮めたり広げたりして血圧の変動を起こしたり、血管に傷害を起こしやすくして血栓を作ったり出血しやすくなったりしますので止めましょう。また、アルコールの過剰摂取も同様な事を起こしやすくなりますので控えるようにしましょう。体内の水分も少なくなると、血液をどろどろにしてしまい、詰まりやすくなる原因になりますから、水分は多めにとるようにし、食事は減塩食を心掛けるようにしましょう。


P  R
豆漢堂 薩摩吉田産なた豆 カンニャボ 天然チャ−ガ 大豆発酵
   





















焙煎チャ−ガ茶

大自然に育まれた高品質なロシア産の天然チャーガ(カバノアナタケ)100%を使用した健康茶。

刀豆パワー粒
ナタマメの成分のアミノ酸カナバニンに秘められた働きが近年注目されています。

刀豆パワーお徳用
日本の民間療法では、「膿のあるもの」にとてもよく用いられていました。

薩摩なた豆元気茶
、有機栽培のさつま刀豆の全草(種子、さや、つる、葉)に、ハトムギ、黒豆、赤芽柏、桑の葉(全て国産原料)をブレンド。

なた豆歯磨き
植物性の働きにより、口の中を浄化し、ムシ歯や口臭を防ぎます。使用後はさっぱりと爽快です。

刀豆純パウダー
刀豆はウレアーゼ・アミラーゼ・ベクターゼなど、酵素を多く含んでおり、日本の民間療法では、「膿のあるもの」にとてもよく用いられていました。

大豆発酵生産物
たんぱく質の王様(畑の肉)などと言われる大豆を原料に使用し、長期間乳酸発酵させて得られた液を濃縮。

カンニャボ

昔から郡山では、昔から「医者いらずの」として用いられてきた食べ物


カンニャボ

昔から郡山では、昔から「医者いらずの」として用いられてきた食べ物