タイトルイメージ本文へジャンプ
冬こそ気をつけよう!「心筋梗塞」

食事・運動、ここに気をつけよう

  • 部屋に閉じこもらず戸外に出よう
  • 減塩では醤油に注意
  • 「腹八分目」で「たくさん」食べよう
  • 何といっても「禁煙」

部屋に閉じこもらず戸外に出よう

 心筋梗塞を予防するためには「適度な運動」をしましょう。ここで注意していただきたいのは、「息切れを起こすほどの激しい運動」や、「息を止めなければできないほど大変な運動(重いものを持ち上げるなど)」は、かえって心臓に良くないという点です。普通に気持ちよく呼吸ができるような運動が良いわけです。

 一番手軽なのは「散歩」です。第1回目でもお話ししましたが、この寒い時期には、首を暖め、できればマスクをかけて表に出ましょう。そして体が温まってきたら、こまめに着るものを調整します。また、汗をかいたら帰宅後、面倒がらずに着替えてください。

 

減塩では醤油に注意

 1日に摂取する塩は7gを目標にします。これは食塩だけでなく、醤油に含まれる塩も計算に入れた値です。醤油はかならず小皿にとり、食事に直接かけるのを避けます。また食卓に塩、醤油をおかないようにするのも手です。塩の代わりに香辛料などを使い、少しずつ減らしていきましょう。
 市販の総菜や弁当は、どうしても塩分が高くなりがちですから、できるだけ家庭で料理するのが基本です。
 何らかの理由で、市販の総菜・弁当、または外食が続くときには、果物を多めに食べてください。バナナ、リンゴ、ミカンなどが効果的です。これらは塩のナトリウムが細胞の中に入るのを防いでくれます。とくにバナナは栄養価に優れており、朝、食欲がないときなどはバナナと牛乳で十分なくらいです。

 

「腹八分目」で「たくさん」食べよう

 塩分以外で食事の時に注意しなくてはならないものに「食べ過ぎ」があります。定年退職後の方々は、運動量が落ちていますからお勤めの頃と同じ量を食べても「食べ過ぎ」になる可能性があるのです。標準体重は「身長(メートル)の2乗×22」ですから、これを超えていたら食べる量を減らしてください。
 また、同じものを大量に食べると栄養が偏りますから、「たくさん」の種類のおかずを食べるように心がけてください。

 

何といっても「禁煙」

 心臓や血管にとって最も良くないのはタバコです。まだ吸っておられる方は、これを機会にやめるべきでしょう。最近では禁煙補助剤が薬局で買えますので、それを利用するのも一案です。しかし、本人に「その気」がなければダメです。最近では「禁煙外来」を行っている医療機関も多いので、それを利用することも可能です。悠々自適の生活を長く楽しみたいのであれば、タバコは是非やめましょう。禁煙の方法を1つ紹介します。ニコチン・タールの最も少ないタバコに替えていって、そこでやめてみるというやり方です。意外にすんなり止められることがあります。



P  R
豆漢堂 薩摩吉田産なた豆 カンニャボ 天然チャ−ガ 大豆発酵

   





















焙煎チャ−ガ茶

大自然に育まれた高品質なロシア産の天然チャーガ(カバノアナタケ)100%を使用した健康茶。

刀豆パワー粒
ナタマメの成分のアミノ酸カナバニンに秘められた働きが近年注目されています。

刀豆パワーお徳用
日本の民間療法では、「膿のあるもの」にとてもよく用いられていました。

薩摩なた豆元気茶
、有機栽培のさつま刀豆の全草(種子、さや、つる、葉)に、ハトムギ、黒豆、赤芽柏、桑の葉(全て国産原料)をブレンド。

なた豆歯磨き
植物性の働きにより、口の中を浄化し、ムシ歯や口臭を防ぎます。使用後はさっぱりと爽快です。

刀豆純パウダー
刀豆はウレアーゼ・アミラーゼ・ベクターゼなど、酵素を多く含んでおり、日本の民間療法では、「膿のあるもの」にとてもよく用いられていました。

大豆発酵生産物
たんぱく質の王様(畑の肉)などと言われる大豆を原料に使用し、長期間乳酸発酵させて得られた液を濃縮。

カンニャボ

昔から郡山では、昔から「医者いらずの」として用いられてきた食べ物


カンニャボ

昔から郡山では、昔から「医者いらずの」として用いられてきた食べ物