タイトルイメージ本文へジャンプ
冬こそ気をつけよう!「心筋梗塞」

冬場の突然死を防ぐには

  • 冬場はとくに注意が必要
  • 気をつけたい「入浴」
  • トイレだけでなく、そこまでの移動に注意
  • 外出時にはマフラーを
冬場はとくに注意が必要

 気温が低くなる冬は、とくに心筋梗塞などによる心臓性の突然死が多くおこります。この増加は主として、寒暖の差によってもたらされると考えられています。
 例えば、暖かいところから寒いところに急に移動すると、体は体温を保とうとして血圧を上げるなどさまざまな反応をします。ですが、歳をとってくると、血圧の上昇に血管や心臓が十分に適応できず、心筋梗塞だけでなく脳卒中などを引き起こすのです。
 では、生活の中で寒暖の差で注意すべき点を挙げてみましょう。



気をつけたい「入浴」

 まず、寒暖の差を一番気をつけなくてはいけないのが、「入浴」です。寒い脱衣所で裸になれば血圧は上がりますし、そのあと熱すぎるお湯に入ったりすると、さらに血圧が上昇します。
 ですから、脱衣所を暖めておきましょう。最近では防水性のある小型の電気カーペットも売られているようですので、利用するときは、お風呂に入る30分くらい前からスイッチを入れておくのがよいでしょう。また、蓋のついている風呂桶の場合、脱衣する5分くらい前に蓋を開け、浴室を暖めることも忘れないでください。
 お湯の温度は「ぬるめ」にしましょう。少しぬるいくらい(40度以下)のお湯にゆっくり入ります。ただし、長い時間、首までつかると心臓の負担が増えますから、みぞおちのあたりまでつかるようにしてください。


トイレだけでなく、そこまでの移動に注意

 次に注意するのはトイレです。トイレに暖房を入れている家はかなり増えているようですが、注意しなくてはならないのがトイレまでの移動、とくに「夜中のトイレ」です。暖かい布団から出て、寒い廊下や部屋を通ってトイレに行く――この寒暖の差がくせ者です。ですから枕元に防寒用の服を用意して、それを来てからトイレに立ちましょう。その際、「首」と「足」を冷やさないようにするのが大切です。
 また、トイレと寝室が別の階にあると、階段の上り下りで心臓に負担がかかりますから、できるだけ同じ階に寝室をしつらえたほうが良いでしょう。


外出時にはマフラーを

 寒い外に出るときは、誰でも暖かい格好をすると思いますが、とくに首に注意してください。あとは、冷たい空気を吸い込まぬよう、マスクも良いでしょう。風邪の予防にもなります。服はこまめに脱ぎ着して、暑すぎず寒すぎずを意識してください。

 いくつか注意点を挙げてきましたが、いずれも少し心がければできるものばかりです。悠々自適の生活を楽しむために、少しだけ、自分の体をいたわりましょう。



P  R
豆漢堂 薩摩吉田産なた豆 カンニャボ 天然チャ−ガ 大豆発酵

   





















焙煎チャ−ガ茶

大自然に育まれた高品質なロシア産の天然チャーガ(カバノアナタケ)100%を使用した健康茶。

刀豆パワー粒
ナタマメの成分のアミノ酸カナバニンに秘められた働きが近年注目されています。

刀豆パワーお徳用
日本の民間療法では、「膿のあるもの」にとてもよく用いられていました。

薩摩なた豆元気茶
、有機栽培のさつま刀豆の全草(種子、さや、つる、葉)に、ハトムギ、黒豆、赤芽柏、桑の葉(全て国産原料)をブレンド。

なた豆歯磨き
植物性の働きにより、口の中を浄化し、ムシ歯や口臭を防ぎます。使用後はさっぱりと爽快です。

刀豆純パウダー
刀豆はウレアーゼ・アミラーゼ・ベクターゼなど、酵素を多く含んでおり、日本の民間療法では、「膿のあるもの」にとてもよく用いられていました。

大豆発酵生産物
たんぱく質の王様(畑の肉)などと言われる大豆を原料に使用し、長期間乳酸発酵させて得られた液を濃縮。

カンニャボ

昔から郡山では、昔から「医者いらずの」として用いられてきた食べ物


カンニャボ

昔から郡山では、昔から「医者いらずの」として用いられてきた食べ物