タイトルイメージ本文へジャンプ
感染症の病気細菌感染症 』 

ガス壊疽

ガス壊疽(えそ)は、嫌気性菌であるウェルシュ菌をはじめとするクロストリジウム属の細菌によって筋肉組織に起こる命にかかわる感染症です。


ガス壊疽は筋肉組織に猛スピードで広がる感染症で、治療しないと急速に死に至ります。菌はガスを発生し、そのガスが感染組織に閉じこめられます。米国では、年間数千例が発生します。通常、ガス壊疽は、外傷を受けた後や手術後に起こりますが、大腸癌や白血病がある場合などには特発的な感染症も起こります。中でも、結腸と胆嚢(たんのう)の手術は、ガス壊疽を起こしやすい手術です。けがでリスクが高いのは、傷口が土や植物片で汚れたけがや、組織がつぶれて壊死したけがです。開放骨折や凍傷の場合も、特にガス壊疽にかかりやすくなります。


症状と診断


ガス壊疽になると、感染部に激しい痛みが生じます。最初、患部は腫れて色は白っぽくなりますが、そのうち赤くなり、次に褐色、最後に黒緑色になります。大きな水疱ができ、水疱の中の液にガスの泡がみえたり、皮下にたまったガスが触れたりします。傷口からの滲出液は、嫌気性菌感染症に特徴的な腐敗臭とは違って、甘いまたはネズミ臭いなどと表現されるようなにおいがします。


感染症が進行すると汗をかき、不安が強くなります。嘔吐が起こることがあり、心拍数や呼吸数の増加もみられます。これらの症状は、菌がつくる毒素の作用で起こるものです。意識は、通常は病気の末期まで明瞭に保たれ、その後に血圧低下によるショックが起こり、昏睡から急速な死に至ります。


ガス壊疽の初期診断は、症状と診察の結果を基に行います。X線画像で筋肉組織にガス気泡がみられる場合は、他の嫌気性菌感染症を完全に否定することはできませんが、クロストリジウム感染症である疑いが濃くなります。傷口の滲出液を顕微鏡で調べればクロストリジウムを確認できます。培養によっても菌の存在を確認できますが、ガス壊疽は急速に死につながる病気なので、培養結果を待たずに治療を開始します。


予防、経過の見通し、治療


傷口を徹底的に洗浄し、異物や壊死組織を取り除くことが、クロストリジウムの感染を予防する最良の方法です。腹部手術を受ける場合は、手術後感染を予防するために、手術前後と手術中に抗生物質を静脈注射します。クロストリジウム感染症を予防するワクチンはありません。


ガス壊疽の場合、治療を受けないと48時間以内に死亡します。治療をしても、腕や脚の感染症の場合はおよそ8人に1人、胴体の感染症の場合はおよそ3人に2人の割合で死亡します。


ガス壊疽の疑いがあれば、ただちに治療を始めなければなりません。大量の抗生物質、一般にペニシリンやクリンダマイシンを投与し、壊死した組織と感染した組織はすべて外科的に取り除きます。腕や脚の感染症の場合、およそ5人に1人は患部のある腕または脚の切断が必要となります。高圧酸素療法は有効性がまだ証明されていない上、設備のある医療施設も限られています。













P  R
豆漢堂 薩摩吉田産なた豆 カンニャボ 天然チャ-ガ 大豆発酵